約仏?

  • 2008/07/27(日) 23:07:33

「元気をもらった」んではなく

「元気づけられた」のである。

お葬儀続き

  • 2008/07/26(土) 19:33:51

法務が突然入ってしまって、

バタバタと過ごしておりました。


突然入った法務とは、すなはち

お葬儀であります。



実は仏青の全国大会に

参加する予定でしたが

急遽キャンセル。



生涯最後の御教化に

遇わせていただきました。





又、京都で出遇った友人が亡くなり、

その葬儀にも参列するため

日程を調節した結果、

キュウキュウになってしまいました。


ああ、疲れた。。。

地蔵祭

  • 2008/07/24(木) 19:23:53

地元の地区で

地蔵祭(地蔵会・地蔵盆)があった。

読経とお話を頼まれて出動。



お寺の近所に、

地域の人たちによって建てられた

小さなお堂があり、

そこにお地蔵さんが安置されている。



そのお地蔵さんにお参りし、

集まった地域の方々(子供が中心)に向けて

お話をするのだが、

正直まいった。





お地蔵さんを目の前にして

讃仏偈のお勤めにはかなり違和感が。


今まで基本的には阿弥陀さまの前でしか

お経はあげたことが無かったので

理屈というか、教義的整合性をつけるため

心の中でかなり努力した。




続いて法話だが、

お地蔵様の味わいを探すのに

一苦労。



子供も聞いてるし、

仏と菩薩とか小難しい話しもなぁ、、、


外だし、暑いし、虫に刺されたら嫌だし、

聞く方も大変だから手短に、、、


でもせっかくだから面白い話しを、、、

お地蔵様の魅力を、、、


しかし道徳的なところに収まってもなぁ、、、

浄土真宗に繋げて話すべきか、、、



とか考えながら喋っていたら

いつの間にか終わりました。





お坊さんやってると

色々な御縁があります。

楽しむ

  • 2008/07/23(水) 23:26:20

人生を楽しみなさいと

言う人がいますが、

その意味がよくわからない。

問いは大事

  • 2008/07/22(火) 22:46:33

今日は「お聖教を読む会」の

第三回目でした。


三回目にしてやっと

形が整ってきました。




この会でやっているのが

「仏教・浄土真宗のQ&A」

なんです。


いつも、会の終わりに

質問や意見を書いてもらって

それに対して次回お答えするというコーナー。


結構、面白い質問がでます。







その一例を紹介します。




「さとりとはなんですか」


とか。



「ある個人が、宗教・宗派によって

救われたり救われなかったりするのは

どう考えたらよいのでしょうか」


とか。



「死ねば仏になることを

当然と考えている人が多いと思う。

阿弥陀さまのお救いによって

仏になると思っている人は

少ないのではないか」


とか。




励みになる質問ですね。




問いを持ってお聴聞に臨まれると

また聞こえ方が変わってくるのかもしれません。