彼岸会

  • 2008/09/23(火) 23:28:33

自坊で彼岸会を勤めて

お話をしました。


自己採点は40点(T_T)




法座後も次々とご参詣の方々が。


私の顔を見て、

足を止められる方と

お話をしながら午後を過ごす。


次から次へとお参りになる方々を見て、

引く足も 称うる口も 合わす手も
弥陀願力の不思議なりけり

十四代目、寂如上人のお言葉を思い出す。

アカペラ

  • 2008/09/22(月) 23:02:44

よく「アカペラは歌唱力が必要」

「よほど上手くないとアカペラはできない」

なんて評論をよくきくけど、


僧侶は常にアカペラやっちゅうねん!

変わらないこと

  • 2008/09/21(日) 23:14:45

あるとき、

お寺から少し離れたところにお住まいの

御門徒さんからこのような言葉をもらった。



海徳寺はいつきても変わらない。

あのいつもの看板の角を曲がって、

いつものように境内に車を駐めて、

いつものようにお堂に入ると

中身も何もかもがいつものお寺で、、、

それを見るとなんだかホッとするんです。



いつも同じであり続けることが、

心に安心感を与える事ってあるんだな。




お寺の建物や風景は

いつかは変わっていくものだけれど、


いつもと変わらぬ阿弥陀さまの御法義を

いつもと変わらぬ調子でお話させてもらうことが

私に求められた使命のような気がする。

追句

  • 2008/09/19(金) 23:00:34

暴れても 落としはせんぞの (親心)

手が離(るる)は 親の技なり





括弧は皆様のご指摘により
訂正させてもらった箇所。

祝1歳

  • 2008/09/18(木) 12:42:27

はしゃぐ子を

支える親の

かたぐるま