親のまなざし

  • 2009/05/29(金) 21:38:34

母方の祖母のお見舞いに

中津の病院まで行ってきました。


最後に、おばあちゃんが

帰って行く私の背中を眺めながら

こうつぶやいたのが聞こえた。


「りっぱな子供になって…」



一人の大人じゃありません。


おばあちゃんにとって

私はいつまでも子供。


子供と言われたことが

なんだかうれしくて。

書けないとき

  • 2009/05/27(水) 22:38:00

スランプみたいになって

法話が書けなくなるときの

その原因がわかった。



そういう時は

たいがい対象を広げすぎている。

対象を広げすぎるから、

まったく書けなくなる。


すべての人に通じ、

すべての人を感動させようとするから

それが重圧になって書けなくなる。




法話って「あの人に聞いてもらおう」とか

対象を具体的に一人か二人に

絞ったぐらいの方がよく書けたりする。


そもそも万人に通じるような

素晴らしいお話を考えようとすること自体

間違っているのかもしれない。


自分が偉くなりすぎている時、

法話が書けなくなる。

心がけ

  • 2009/05/26(火) 18:28:26

20代、30代のうちは、

お説教中にお聖教の言葉を

直接使わない方が良いような気がしてきた。


なんだか軽々しく聞こえるような気がして…。

その言葉が持っている

尊い雰囲気を壊している気がして…。


ベテランの布教使さんは

お聖教の言葉をスラスラっと出されると

それだけでありがたいところがある。


若手の布教使さんは

どんなにしっかり御領解ができていても、

お聖教の言葉自体が

なんだか似合わない気がする。


悲しきかな、

悔しきかな、

そういう感覚がある。





お聖教の言葉を直接使わずに

そのお心を話すのはとても難しいけど、

しばらくその心がけでやっていこうと思う。

日々発見

  • 2009/05/21(木) 19:03:16

以前、お説教にいったお寺の坊守さんから

なにか嫌いな食べ物はありますかと問われた。


そのときは、正直に

「はい、山芋がだめです」

と答えた。




実は他にも苦手なものって結構ある。

何かと言われてパッと思い浮かばないけど

きっと苦手なものってもっとあるはずだ。



最近、気づいたことだけど

トマトジュースは結構苦手。


ある方に飲まされたときに

「実は嫌いだったんだ」って初めて気づいた。

休んでないのに五月病

  • 2009/05/20(水) 19:06:01

最近なかなか元気が出ない。

だから無理矢理出さないことにしている。


5月の連休は

別に休暇を楽しんだわけでもないのだが、

なんだか気分が沈みがち。




まぁ、6月になれば治るでしょ。