妙好人ふぅ

  • 2010/02/20(土) 21:57:40

ご法義に出遇えた喜びを

涙あふれるこの感動を

人と共にすることができる。


こんなしあわせがあるかいや。

覚え書き

  • 2010/02/19(金) 22:04:04

人がひとり亡くなるということは、

図書館が一つ消えてなくなるのと同じ。


ふと思い出した言葉。

従兄が教えてくれた言葉。

出拠はそのお父上らしいが。

お誘い

  • 2010/02/17(水) 22:58:08

飲み会を断り続けると

ついには誰も誘ってくれなくなる。

実に寂しい。


あの人は忙しい人だとか

あの人はつきあいが悪いだとか

認識されるようになる。


そうなってしまうと

本人の意志とは無関係に、

誘ってもどうせ来ないからとか

誘わないほうが親切だと思われてしまって、

ますます誘われなくなってしまう。




どんなに断り続けても

根気強く誘い続けてくれる人。


そんなお方って

有り難い。




無視してもそっぽ向いても

私を見捨てず喚び続け。


あんたも仏にならんかと

誘い続けの親がいる。


その親をアミダさまという。

誰に相談?

  • 2010/02/02(火) 22:16:43

とある研修会に参加して

御門徒さんのこんな発言が心に残った。


「日頃の悩み事やら相談事を

お寺に持ち込んでよいのだろうか」





どうぞどうそと言いたくなるが、

よく考えると私を目当てに

相談事がはたしてくるだろうか。


人生経験もない、とくに特技があるでもない

この30歳の若造に相談事などくるはずない。


まぁ当分心配ないかと思ったりして…。




でも一つ言えることは、

もしお寺に相談に来られるならば、

どうかまず阿弥陀さまに相談して下さい。


きっと黙って聞いてくれるでしょう。


そうかそうか、よく来たと

微笑んで迎えてくれるでしょう。




その後で、

もしこの若輩者に言いたいことがあるなら

何なりとお声をおかけ下さい。