フネンブツ

  • 2010/08/24(火) 11:45:05

だいぶんしゃべれるようになったけど

まだまだ言いまちがいも多いです。



使い終わった乾電池を捨ててもらおうとして

お母さんにフネンブツ(不燃物)ですって言ってと

娘に手渡すと、


お母さんの所まで駆けていき、大声で

「オネンブツ(お念仏)です」って

言いました。

思い通りになるってしあわせ?

  • 2010/08/23(月) 13:21:29

子供のやりたいことをやらせてあげるのが

親として一番素晴らしいことなんだって風潮が

最近顕著に出てきたと思う。


子供が習いたいと思ったことを学ばせ、

行きたいと思った学校に通わせてやるのが

まるで親の使命であるかのよう。



自由を与えたフリをして

放り投げてしまっているだけではないか。


子供の本当のしあわせを考える親ならば

共に悩み、共に歩もう。




そして、この道を歩むことが

あなたにとって本当にしあわせなことなんだって

場合によっては子を叱ってでもそれを教えてやるような、

そんな頼りがいのある親になりたい。

雨がこない…

  • 2010/08/19(木) 09:57:32

日照りが続いてもう何日目だろうか。

もう夕立すらこない。

降りそうで降らない。


雨乞いでもしたろうかしら。

マンガ日本昔話でみた百姓のように

雨を願う毎日。



庭木も雨が欲しいと騒いでます。

境内に植樹された木たちは

まだしっかり根がついていません。


夕方になると

「今日も雨こなかったなぁ…」と

侘びしく水やり。


しっかりやると30〜40分はかかるので

一仕事あります。


そういえば、

セミの鳴き声が少しずつ変わってきましたね。

安穏とは

  • 2010/08/10(火) 09:33:28

安穏と聞けば、

すぐに平和という言葉がでてきますが、

平和と安穏は意味が少し違います。


平和はすべてを包括しますが、

安穏はそうではありません。


親鸞聖人が

「世のなか安穏なれ、仏法ひろまれかし」とおっしゃった本当の意味には、

仏心をいただくことですよという思いが裏に流れているのです。


人それぞれに生き様があるわけで、

それぞれの人生環境の中で仏法をいただいて

自分の日暮らしさせていただくということが安穏ということですよという

親鸞聖人の語りかけであると理解しています。

                                      (普賢晃寿和上)

まだ歯が生えない

  • 2010/08/08(日) 21:11:05

あかりの歯が生えたのは

九ヶ月だったそうな。


いま歯を磨くのが大変。

そろそろ生えてくるよなぁ…。