期待

  • 2013/10/30(水) 15:20:26

おとり越し参りもいよいよ終わり。

少しずつ寒さが増してまいります。


ようこそうちのお寺に来て下さいました。

ありがとうございます、ありがとうございますと

合掌して深々と私に頭を垂れる御門徒さんに

またお会いした。


海徳寺に入寺してはや八年‥。


これはいわば期待の表れ。

御門徒さんの願い。




私は跡継ぎとしてこの寺に迎えられた身であるが、

多くの寺の長男はこの期待を幼い頃から背負わされる。


これが嫌でお寺を拒否した人の話も

またよく聞く話だが‥。





このような期待を心底喜べるようになったのは

はたしていつごろからであろうか。


大学時代、自分の将来について考え始めたとき、

私にかけられた期待はいったいどんなものか考えた。

そのころは、そもそも私が期待されているのかどうか

自信が持てなかったし、期待してくれている人を探すのも

大変な状況だった。


そんな時、やはり思い浮かんだのが両親や兄弟、

祖父母であった。


期待して京都に送り出してくれたことを嬉しくも思えたし、

また、それに応えていくことにやりがいも感じることができた。

私は比較的スムーズに期待をパワーに変えることができた。



人間は期待されることによって、

存在する価値を与えられ、そして育てられる。

当時の私にとってそれは救いであった。


いま私はこう思う。

期待はむしろ大歓迎。

全く期待されなかったら

生きてはいけません。