自分のお説教について思うこと

  • 2012/06/07(木) 11:43:11

大きく語ろうとするとき

言葉を尽くして語るのではなく、

少ない言葉で大きく語るがいい。



どうにかして聞いてもらおうと

必死になっているとき

無駄な言葉が多くなる。


どうにかして笑わせようと

頑張っているとき

すべったら大変なことになる。




あまり器用な方でもないので

お伝えすることは苦手ですが、


じわっと、じっくり、しっかりと、

少ない言葉に思いを込めて。

そんな説教が自分に一番似合う気がする。



調子にのってベラベラっといこうとすると

たいがい仏徳讃嘆からは

ほど遠いものになってしまします。

この記事に対するコメント

はい、責任の重大さを感じます。
この責任感だけは、
ずっと持ち続けていたいと思います。

難しい‥、難しい‥。

お話するって大変ですもんね
短い話なら何回でもできますが
1時間くらいの長い時間、楽しく、眠たくならないように
しかも内容があるものといったら…

本当に難しく、大変なことですね

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する