お米の中に仏さま

  • 2013/09/09(月) 08:20:10

米粒の中には仏さまがいる。

そう聞いて育った小学生がいました。


ある日、学校の授業で顕微鏡を使った。

「次までに見てみたいものを持ってきなさい」

先生はそういった。


その子は家からご飯粒を持ってきた。

金色に輝く仏様が見えるかどうか。

一生懸命覗いてみた。

しかし、それらしき物は何も見えない。


先生は、笑いながらこういった。

ご飯粒の中身は、炭水化物に食物繊維、そして脂肪と水。

仏さまなんか入ってない。


その子は家に帰り

お爺ちゃんを責めた。

「おじいちゃんの嘘つき」と責めた。


するとお爺ちゃんが、

仏壇の前に行って泣きだした。

バチ当たりがといって泣きだした。

というお話。



この少年はのちに

こんな詩を書いてらっしゃいます。


たべものさま

たべものさまには佛がござる
おがんでたべなされ

大むぎめし しいなもち
まずいまずいともんくたらたら
そのたびたびに叱られた

帰命無量寿如来
今頃やっとおがめました
たべものさまには
佛がござりました
おじいさん

               宇野正一



お米の一粒一粒まで大事にしなさいという道徳の話ではなく、

仏さまをいただいた方の精神の世界のお話。


宇野さんは、

今もその時の祖父のうしろ姿が忘れられないと

おっしゃっています。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する